海外で人気のハンドメイド、DIY用クラフト資材(ポリマークレイ・油性マーカー・陶器用ペン)のご紹介

      2016/10/17

こんにちは。
今日は海外のDIYerに人気の材料をご紹介します。
タマニワにもご紹介する材料を揃えています。
それでは、どうぞ!



Sculpey(スカルピー) - ポリマークレイ



15-S3_30-1-SC3-30Color-Smp-1226x839
130度の熱で焼き固めるポリマークレイ(樹脂粘土)です。
40色以上のバリエーションがあります。
これだけの色があれば手のひらサイズのエヴァンゲリオンやガンダムが作れるのではないかとワクワクしてしまいますね。

スカルピーを使ったアクセサリーのDIY記事はこちら


FIMO(フィモ) - ポリマークレイ

fimo
こちらも同じく110度の熱で硬化させるマークレイ(樹脂粘土)です。
カラーが豊富なので混ぜ合わせてグラデーションを作ったりすることができます。
FIMOは柔軟性があり柔らかいので小さなお子様でも扱いやすく、簡単に形を作ることができます。

指輪やイヤリングを作るならFIMO フィモプロフェッショナル

小さな作品を作るなら、固めのクレイ、FIMO フィモプロフェッショナル
がオススメです。FIMO フィモソフト
だと、その名のとおり柔らかいので形が細工中に形が崩れたり指紋がつきやすいです。


Sharpie(シャーピー) - 油性マーカー

先日の記事でもご紹介しましたSharpie。

油性マーカーなのですが、オーブンレンジで焼き付けることでお皿やマグカップなどにも絵柄を定着させることができます。
他にも布、革製品、ネイル…などなどあらゆるところで使える優れものです。
食べ物に直接あたるのが気になる方は、次に紹介するPEBEO(ぺべオ)のペンがオススメです。

シャーピーでマグカップペイントのDIY記事はこちら

シャーピー販売しています


PEBEO(ぺべオ)- 陶器用ペン porcelaine150

こちらもShrapieと同じく陶器に書くことができます。こちらもオーブンレンジで焼き付けて絵柄を定着させます。
Sharpieと違う点は、塗料が液状で、ぽってり色がのるという部分です。
少しぷっくりした手触りに仕上がります。
焼付け前であれば、水やアルコールでの修正も可能です。 焼付け後の作品は水洗いしても色落ちしません。
人体に無害で安全な水性絵具なので、暮らしの中の器としても利用できます。

pebeoでマグカップペイントのDIY記事はこちら


今日は海外で人気のハンドメイド、DIY用クラフト資材を紹介しました。
これらを使った雑貨、アクセサリーを近日公開いたします♪
また、実際に作ることができるイベントも開催予定です!
お楽しみに!


Sculpeyをアマゾンで探す
FIMOをアマゾンで探す
Sharpieをアマゾンで探す
Pebeoをアマゾンで探す

adsence

 お問い合わせはこちら

注目キーワード

 - ブログ, DIY, ハンドメイド , , ,

X