X-Rite ColorChecker Passport VideoとColorFinaleで簡単カラーコレクション(カラグレ)

X-Rite ColorChecker Passport Videoというものを購入しました。



X-Rite ColorChecker Passport Videoとは

参照元:http://www.bhphotovideo.com/
  • 編集作業でのカラーコレクションが簡単にできる。
  • 異なる機種のカメラで撮影した動画の色を同じ近づけられる。
  • 撮影時にホワイトバランスを正しく設定できる。

上記のようなことを実現するための色補正ツールです。

感覚で行ってきた色補正がしっかりとできる

これまで感覚で色補正を行ってきた私にとってカットが増えるにつれ色の基準がだんだんブレてくることが問題でした。色基準を決めることができるX-Rite ColorChecker Passport Videoはこの問題をすっきり解消してくれました。

X-Rite ColorChecker Passport Videoと連動したソフトウェア「Color Finale」$99でカラーコレクション

Color-Finale
色基準となるX-Rite ColorChecker Passport Videoですが、Final Cut Pro Xのプラグイン「Color Finale」で簡単に色補正が可能です。

詳しくは以下の動画を見てみてください。

Color Finaleの不具合?

どうですか。簡単ですよね。ただ一つ問題があります。上の動画のように編集するには、最新のFinal Cut Pro XではColor Finaleのbeta版をインストールする必要があります。なぜか安定板では、肝心の「use chart」、「show chart」が表示されません。解決方法はあるかもしれませんが、私の環境ではbeta版をインストールしないと動作しませんでした。。

Color Finaleの編集画面

> Color Finale betaのダウンロード先

Color Finaleで編集前

Xrite ColorChecker Passport Video

Color Finaleで編集後

Color Finaleでカラーマッチ

まとめ

白色がしっかりと出ていますね。これで統一感のある作品ができそうです。
Xrite ColorChecker Passport VideoとColor Finaleの組み合わせは、私にとってカラーコレクションを楽にするための最高ツールになりそうです。カメラの機種を変えたりしていろいろ試してみたいと思います。
*Xrite ColorChecker Passport Videoの寿命は2年ほどだそうです。理由はカラーチャート部分が色褪せするためです。また、色部分を素手でさわることも厳禁だそうです。扱いはなかなかシビアですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X