望遠レンズでタイムラプスに挑戦

望遠レンズでタイムラプスに挑戦

タイムラプスは大体、広角レンズで撮影するものですが、工場撮影などで煙突の煙の動きをダイナミックに捉えたい場合は望遠レンズを利用します。

ただ、望遠レンズでのタイムラプスの問題は、レンズの重さで雲台がダレてきたり、少しの風でもブレが大きい点があります。



望遠レンズサポーターでカメラをがっちり固定

望遠レンズ専用サポーター

レンズをがっちり固定で望遠レンズのホールド力をアップ

ベルボンが出している、「望遠レンズ専用サポーター SPT-1」とSMALLRIGの「長いレンズサポート」というレンズ先を支えるサポートを利用しました。望遠レンズ専用サポーター SPT-1はサイズが2種類あり、600mmクラスの大望遠は大、300mmくらいなら小がいいと思います。

一度、ポジションを決めたらがっちり固定してくれます。軽微なブレはアフターエフェクトのワープスタビライザー等で処理してくれますが、出来るだけ元素材がブレない方が作業も楽になります。

写真はレンズよりバッテリーグリップの方が高さがあるため通常の取り付け方とは反対向きに取り付けています。

Velbon 望遠レンズ専用サポーター SPT-1 SMALLRIG レンズサポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X