アナログ操作でレトロかわいい文字が魅力のラベルライター DYMO(ダイモ)

ラベルライター DYMO(ダイモ)

みなさんDYMO(ダイモ)ってラベルライターご存知ですか?
ビニールのテープに文字盤を押し付けるエンボッサーのようなラベルライターです。見れば一目瞭然です。今回も動画でどうぞ!



DYMOでラベルの作り方

コツというほどでもないのですが、ハサミマークを強く押すとテープが切れて、軽く押すと余白(スペース)を作ることができます。
テープを切った後に、新しくラベルを作る場合は余白がないのでハサミマークを軽く押して余白を作ることをお勧めします。

レトロな感じがカワイイ
レトロな感じがカワイイ

安いから仕方ないけど文字盤が。。。

こするとDYMOの文字盤が。。。
こするとDYMOの文字盤が。。。

文字盤を強くこすると、色がかすれてしまいます。価格は約1400円なのでこの点は仕方ないですね。消耗品やトイとして考えましょう。

日本語バージョンのDYMOもありますよ

DYMOにはいろんなタイプがあります。ひらがなやカタカナの文字盤が使えるものもありますので、用途に合わせて選んでみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X